抜け毛防止に治療薬を購入して使用しているが効果が得られない。と感じている方!もしかしたら治療薬の選定方法を間違えているのかも!?男性型脱毛症の症状と治療薬の選び方について詳しくご紹介していきますので参考にしてみてください。

男性型脱毛症の症状と薬

髪の毛の保存で男性型脱毛症を治療して発毛する

一般的に、男性型脱毛症という症状は男性に対して起きる先天的な症状であるため身体の状況を改善しないことには根本的な解決をはかることは難しくなってしまいます。男性型脱毛症の原因は男性ホルモンによって作られるDHTという発毛阻害物質にあり、この発毛を阻害する物質を特定の薬によって除去しなければ男性型脱毛症を完全に治療することは難しいのです。
しかし、一つだけこうした専門的な薬を使わなくても男性型脱毛症を治療して発毛させることができる方法があります。それは、自身の髪の毛を保存してそれを植毛することです。男性型脱毛症の薄毛の進行の仕方には他の薄毛とは異なった進行状況が確認されています。一つは、M字型に薄毛が進行することで前頭部の髪の毛の一部分だけが残るように進行します。この場合、高齢になってもM字の先端部分だけは残るような形になることが非常に多いです。そして、もう一つが後頭部と側頭部を残して薄毛が進行する症状です。この場合には、頭皮の状態がバーコードのようになるため見た目にもわかりやすい薄毛の症状が進行することになります。
特徴的なのは、男性型脱毛症が発症しても全ての髪の毛に関して薄毛が進行するわけではないということです。この症状が進行しても頭皮に残っている髪の毛と言うのは、男性型脱毛症に対する耐性が非常に強いことを意味するので、この髪の毛を保存して植毛のための種とすることでこの症状を克服することが出来るようになります。保存した自毛を種にして発毛することになるためアレルギー反応が出ないというメリットがありますし、何よりも強い髪の毛を種にしているのでそれ以上抜け毛が進行しないというメリットがあるのです。