抜け毛防止に治療薬を購入して使用しているが効果が得られない。と感じている方!もしかしたら治療薬の選定方法を間違えているのかも!?男性型脱毛症の症状と治療薬の選び方について詳しくご紹介していきますので参考にしてみてください。

男性型脱毛症の症状と薬

男性型脱毛症や頭皮のイボに血行改善から始めよう

男性型脱毛症とは、男性に多く見られる進行性の脱毛症のことです。
成人男性によく見られる髪が薄くなる状態で、他の脱毛症とは違い、思春期以降に前頭部の髪の生え際や頭頂部のどちらか、あるいは両方の髪が徐々に細くなり、薄毛や禿髪となります。

男性型脱毛症には男性ホルモンの影響や、遺伝的、環境的な様々な要因があると言われていますが、その多くはいまだ不明のままです。

男性型脱毛症の改善には血行が大きく関わってきます。血行不良は薄毛の大きな原因の一つです。
毛髪の深部には毛乳頭と毛母細胞というものがあり、頭皮の血行が悪いとこれらの機能が低下し、髪が成長しないまま抜け落ちていきます。血行改善にはマッサージやツボ押しなどが有効と言われています。
血行不良は頭皮だけの問題ではありません。
姿勢に気を付けて筋肉に余計な疲労を蓄積させないよう努めると、体温が上がり免疫力が高くなります。

頭皮や薄毛に関する発毛、育毛製品や施術はたくさんありますが、その中には頭皮にイボがある人が、薄毛とイボを同時に改善できるようなものもあります。発毛、育毛の施術や血行促進により頭皮のサイクルが正常化され、イボの改善につながるようです。
頭皮のイボは老人性疣贅であり、良性腫瘍の一種ですので特に問題はありませんが、シャンプーや発毛剤、育毛剤が刺激になり炎症を起こしたりする可能性がありますので、放っておかない方が良いでしょう。

男性型脱毛症は、進行型の脱毛症ということで、何も手を施さずにいると必ず進行していきます。
昨今では薄毛治療の専門外来がありますので、医療機関に相談し症状や希望に合った、また他の頭皮に関する問題と併せて治療を進めていくのが最善と言えるでしょう。