抜け毛防止に治療薬を購入して使用しているが効果が得られない。と感じている方!もしかしたら治療薬の選定方法を間違えているのかも!?男性型脱毛症の症状と治療薬の選び方について詳しくご紹介していきますので参考にしてみてください。

男性型脱毛症の症状と薬

男性型脱毛症の副作用と頭皮の栄養

男性型脱毛症の治療薬としてプロペシアという飲み薬とミノキシジルという肌につけるタイプの2種類の薬があります。プロペシアに含まれているフィなステリドは当初、男性型脱毛症のための薬ではなく、前立腺肥大症の治療のために作られたものです。その後、抜け毛予防に効果があることがわかり、AGAの治療にはかかせないものになっています。この成分は男性ホルモンの一種で脱毛の発生を引き起こす症状を抑えてくれます。人によっては服用すると倦怠感やEDなどの副作用が起こる場合がありますが、発症率は極めて低いと言われています。ミノキシジルは育毛に有効な成分として知られていますが、こちらも男性型脱毛症のために作られたものではなく元々は高血圧の治療薬として作られたものです。ミノキシジルは血管を拡張させる作用があるので血管が収縮することで起こる高血圧などの改善に効果があります。抜け毛や薄毛の原因として頭皮の血行不良が考えられますが、血管が収縮すると毛髪の成長に必要な栄養分が毛根に届かなくなり、毛髪がやせ細っていきます。血の循環を良くする作用によって栄養が頭皮に届きやすくなり、発毛しやすくなります。ミノキシジルの副作用として頭皮のかゆみなどが起こります。ただし、この副作用はそれほど発症率が高いわけではなく、かゆみも我慢できないほどひどくなるケースはほとんどありません。副作用が心配な人は一度の使用量を守って、あまり多く使用せず、ミノキシジルの含有量が少なめのものを使用すれば問題ありません。元々、高血圧の肩に処方していた薬でもあるので、低血圧の方が使用すると血圧が低くなりすぎる危険性もあります。安全に治療を続けていくためには、AGA治療院であらかじめ相談しておくことが大切です。